車を買う場合マイカーローンを利用する人が大半です。 最近では頭金なしでフルローンを組む人も多く、高級車から中古車まで幅広くマイカーローンが利用されています。 マイカーローンの借入先として多いのは、給与振り込み口座がある銀行か車を購入するカーディーラー経由での信販会社です。 ディーラー系マイカーローンを選ぶ人の特徴は、ローン契約の手続きなどが面倒だと思う人が多いようです。 他にもあまり深く考えず販売店の担当者から勧められるがままにディーラーローンを契約するというケースです。 ディーラーローンはディーラー担当者が手続きをサポートしてくれるので、簡単に申し込みすることができます。 また申し込んでから借り入れ可否の審査結果が分かるのも早いため、考える間もなく契約者しまう人も多いようです。 しかし、銀行系のマイカーローンと比較すると金利がかなり高くなってしまいます。 銀行系マイカーローンで低い金利の場合、2%台から実質年率が設定されている商品もあります。 ディーラー系マイカーローンの場合は、契約している信販会社を利用するため8%台が金利相場となっています。 このように金利だけでもかなりの差がついてしまうので、借入金額にもよっては返済総額が増えてしまいます。 金利は高くなりますが銀行系マイカーローンよりも審査は厳しくない傾向にあります。 年収が低い人や信用力に自信がない人はディーラーローンを選択する方がいいかもしれません。 特にすぐに買いたい車がある人などは、銀行や信用金庫の場合審査日数が長くなりがちです。 その点ディーラーローンの場合、審査期間が非常に短く審査結果がすぐに分かります。 ただ、最近では都銀や大手地方銀行などで、仮審査・事前審査が受けられる場合があります。 借入可能金額や借り入れ可否などの目安が分かるので、ある程度購入したい車種が決まっているならばすぐに利用してみることをオススメします。 借入れできるかどうかが分かっていると、安心して車種選定を進めることができます。 もちろん仮審査や事前審査は無料で行え、審査に通ってもキャンセルすることは可能でキャンセル料なども必要ありません。